サクラモールの原価スーパーを実際に使ってみた感想や口コミです!

原価スーパーは、原価で商品が買えるということで話題を集めています。しかし、楽天やAmazonのような誰もが知っている企業が始めたサービスではないので、少し様子を見ようという方が多いようです。

 

そこで、当サイトでは、サクラモールの「原価スーパー」を実際に利用している管理人が、体験談をもとに使ってみた感想を書いていきますので、検討の際の材料にしてみてください。

 

そもそも原価スーパーは、本当に原価か!?実際どうなの??

 

ここが引っかかる方が多いようです。良くある疑問点としては、

 

原価で売ってどこで儲けるの?

本当に原価なの?

原価という表現は違くない?

大手企業を敵に回すのでは?

 

といった意見が多いようですので、一つ一つ私の見解ですが回答していきます。

 

原価で売ってどこで儲けるの?

これは、月額300円がかかりますので、そこでサクライズ社(原価スーパーの運営会社)は利益を得ます。似たよなサービスとしては、Costco(コストコ)がありますよね?

 

利用者が仮に1万人いれば、会社には、300万円が毎月売り上げが経ちます。10万人になれば、3000万円が毎月です。また、原価スーパー以外にもネットショッピングがあり、品ぞろえも豊富です。原価でこそありませんが、普通に安いですので、ついで買いを誘いそちらからも利益が上がる仕組みになっています。

 

本当に原価なの?

こればかりは、正直分かりませんが、価格を見て頂ければ「原価」と言える価格設定になっています。一般的に商品の原価は、小売価格の3割程度とも言われます。商品によっては、1割のものもあります。(化粧品や高額商品などの場合)

 

原価スーパーの販売価格で売っているお店を実際のスーパーなどで探してもまず見つからないと思います。あったとしても、特売でその商品だけ客寄せ商品として安くて、おひとりさま1点まで!みたいな感じでしょうか。

 

とにかく安いのは間違いないです。

 

原価という表現は違くない?

ここも引っかかる方が多いようです。確かに、原価や卸値など厳密にいうと、違いはありますので、原価スーパーの「原価」という表現は間違っているのかもしれません。しかし、実際のところ、ほぼ「原価」と自分が納得できる価格で買えるのであれば問題ないのでは?と個人的には思います。

 

しかも、この表現の方が一般の主婦の方などには分かりやすいです。ビジネスマンや原価管理などを仕事としてやっている人からすると、なんか納得いかないのは分かりますが・・・

 

しかし、違法行為でもありませんし、現にこの「原価スーパー」の名前が商標登録されているそうです。当然、違法なものは、特許庁で認定はされませんので問題はないかと思います。

 

大手企業を敵に回すのでは?

これも言われますが、個人的には問題ないとは思っています。世の中の人全員が原価スーパーやサクラモールで買い物をするようには絶対になりませんし、価格ドットコムのような、最安値が検索できるようなサイトですら、日本人口のどれだけの人が使っているのでしょうか?

 

また、コンビニは高いと知っててもコンビニでいつも買い物をする人もいますよね?

 

原価スーパーで商品を買うには、月会費がかかりますし、通販です。ですので

 

荷物が受け取れない

商品は目で見て買いたい

付き合いもあるから近所で買う

別に安くなくてもいい

利用頻度が少なそう

 

と感じられる方も日本全国で見たらいるでしょう。一気に原価スーパーが広まるわけでもありません。

 

既存のスーパーも、原価スーパーの出現で売れ行きが悪くなる商品、逆に売れる商品があると思いますので、そこは企業努力で改善すればよいだけだと思います。何もしなければ、当然潰れるのは世の常ですし。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

更新履歴